洗うものを変える|年齢に合ったスキンケアを使用する|30代の肌ケア

年齢に合ったスキンケアを使用する|30代の肌ケア

女性

洗うものを変える

顔を洗う人

思春期やストレスが溜まっているときなど、様々な場面でにきびは出来ます。体に出来ていれば洋服で隠れますが、顔などの場合は常に見える部分ですし、増えると気にもなってきます。女性だと特にメイクをしなければいけない場面が増えるので、顔に出来たにきびは治りにくいのが現状です。そのため、メイクや汚れを落とすときに石鹸などを使ってしっかりと清潔にすることが求められます。いまはにきび肌に特化した、あるいは効果が期待されている石鹸が多数販売されているので、選びやすくなっています。にきびに適した石鹸とあっても、配合成分は異なります。敏感肌やにきび肌の場合は、ちょっとした添加物に反応して症状が悪化してしまうことがあるので、無添加素材の石鹸を購入しましょう。

にきびで悩んでいる人は、赤ちゃんでも使えるような肌に優しい石鹸を使ってもいいです。いまは純石鹸と呼ばれるものも登場しているので、それを顔や体を洗うときに使ってみましょう。他にもオーガニック成分が入ったものや精油が入ったもの、牛乳の成分やオリーブの成分が入ったものなどメーカーごとに違いがあります。もしお試しサイズで通常より小さいサイズがあれば、まずはそれから匂いや使い心地の確認のために購入してみましょう。もしくは、元々敏感肌やにきび肌、乾燥肌の人の口コミを見て、どれが最も効果的だったのかを調べてみる方法もあります。とにかく清潔にすることが大切なので、必要最低限の水分は残しつつ、汚れをしっかりと取ってくれるような石鹸を探しましょう。